ダイレクトマーケティングイメージ

サイドメニュータイトル1 古くて新しい日本の商売
ダイレクトマーケティング 流通に変革をもたらすその手法
サイドメニュータイトル2 わたしたちについて
ニュースリリース
企業理念
事業内容
会社概要
代表者メッセージ
お問い合わせ

サイドメニュータイトル3 採用情報
採用情報
応募フォーム


バナー広告1

バナー広告2
タイトル_企業理念


商いを創る
働き者の農民達が収穫物等を交換=商業する期間は「秋」。そこから、「秋なう=商い」という言葉が生まれたといいます。丹誠込めて作ったモノを、ダイレクトに、愚直に、売り歩く。冬が来る前に、1年の想いを詰め込んで働きかける必要があったからこそ、日本には、多くの商売の智恵が生まれ、語り継がれてきたのだと信じます。 ダイレクトマーケティングビジネスの成功の裏を分析すると、そこには、営々と引き継がれてきた日本の「商い」の本質を見ることができます。私たちティーダイレクトは、古き良き日本流商いの哲学こそが鍵であるダイレクトマーケティングの実践を通じて、主に地域経済の発展に貢献したいと考えています。この日本の各地で、そして、世界の地で、「商い」を、創る。古くて、新しい、質の高い人間の営みを再興するために動き続けます。

コミュニケーションフォルム

当社ロゴを形成する4つの円は、作り手、消費者、人、社会の4つを意味し、それぞれの円がダイレクトマーケティングという手法を通じ、繋がっていくことを表現しています。ちょうど交わる中心の曲線を、弊社では「コミュニケーションフォルム」と呼び、私たちのコミュニケーションのあり方、考え方を象徴するカタチとして位置づけています。

作り手、消費者、人、社会がダイレクトマーケティングを通じて繋がることで、新しい商いが生まれ、社会が豊かになっていきます。そうすれば、きっと、コミュニケーションフォルムのように、皆様の口角があがり、優しい笑顔になっていくのではないでしょうか。私たちは、私たちが考えるダイレクトマーケティングの手法を用いながら、作り手、消費者、人、社会の幸せを創造する企業でありたいと願っています。

ティーダイレクトが考えるダイレクトマーケティングとは
当社へのお問い合わせはこちらから
一生懸命売るということ